検索エンジン用 テキストがはいります。

2007年06月02日

授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりも

産後ダイエット、あなたも不安に感じているかもしれません。
おなかのぽっこりが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。
そして、お腹が大きくなるため、体をねじることもしにくくなるし、ひとつひとつの動作がゆっくりになります。
そうしていると、どうしても筋肉量が落ちて基礎代謝も下がってしまうため、カロリーを消費しにくい体質になってしまうのです。
加えて、骨盤が開いた状態になるので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりする原因にもなります。
産後は、早くもとの体型に戻したいとあせる気持ちはわかりますが、無理なダイエットはいけません。
体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
この様な理由から、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻す努力が必要です。
まず食事ですが、特に授乳期はカロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。
産後ダイエットは、体重だけではなく、筋肉量を元に戻すようにすると、体が消費するエネルギーが増えて自然にやせられるようになります。
posted by run at 02:41| 産後ダイエット・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
閲覧者優先 テキストがはいります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。